揚げ物男子も大満足!大豆ミートの竜田揚げ

大豆ミートの竜田揚げ

毎月一回、レンタルスペースを借りて営業している週末カフェ「天使の時間」で提供している食べ物や飲み物は、ほぼヴィーガンフードでした。
「ほぼ」というのは、蒸しパンに使うフルーツのコンポートの一部にはちみつを使っていたり、5年前の開店時からずっと一番人気のドリンク「ふわふわミルクのカフェオレ」に牛乳を使っていたりしているからです。
でも、ぼくたち夫婦の間では、なんとなくもやもやしていたんです。
普段、自分たちが飲まない牛乳を、人気があるから、という理由でずっと出し続けていいのかな、って。

ぼくたちのポリシーは、

・毎日の食べ物が自分の体と心を作る
・だから、体にも心にもやさしい食べ物を食べよう
・それが、死ぬまで元氣で生き抜く力になる
・そのことを、いろんな形で伝えていこう

ということです。

だから、牛乳なんて飲まなくてもいいんだよ、ということも伝えていくべきだ、と思いを新たにしました。

ということで、週末カフェ「天使の時間」は次回のオープンから「ヴィーガンカフェ天使の時間」にリボーンします。

みなさま、引き続きよろしくお願いいたします。

さて、今日のベジタブルなレシピは、大豆ミートの竜田揚げです。

【材料】
大豆ミートフィレタイプ  50g
タピオカ粉        大さじ2
菜種油          適量

【調味料】
しょうゆ         大さじ1
みりん          大さじ2
水            大さじ1
ショウガ(すりおろし)  小さじ1

【作り方】
●大豆ミートは水から茹でて戻し、よく水洗いしてしっかり絞り、大豆の臭みを取る。

●大豆ミートに調味料を回しかけ、よく揉み込み、15分以上置く。

●漬け込んだ大豆ミートにタピオカ粉を全体にまぶす。

●フライパンに菜種油をひたひた程度に入れて中火にかける。

●油が十分に温まったら、タピオカ粉をまぶした大豆ミートを入れて、両面をしっかりと揚げる。

●揚がった大豆ミートをペーパータオルを敷いた皿にのせて油を切る。

●千切りキャベツなどの上に大豆ミートの竜田揚げを載せ、お好みでポン酢などをかけていただく。

【材料】
大豆ミートフィレタイプ  50g
タピオカ粉        大さじ2
菜種油          適量

【調味料】
しょうゆ         大さじ1
みりん          大さじ2
水            大さじ1
ショウガ(すりおろし)  小さじ1

【作り方】
●大豆ミートは水から茹でて戻し、よく水洗いしてしっかり絞り、大豆の臭みを取る。

●大豆ミートに調味料を回しかけ、よく揉み込み、15分以上置く。

●漬け込んだ大豆ミートにタピオカ粉を全体にまぶす。

●フライパンに菜種油をひたひた程度に入れて中火にかける。

●油が十分に温まったら、タピオカ粉をまぶした大豆ミートを入れて、両面をしっかりと揚げる。

●揚がった大豆ミートをペーパータオルを敷いた皿にのせて油を切る。

●千切りキャベツなどの上に大豆ミートの竜田揚げを載せ、お好みでポン酢などをかけていただく。

レシピのメルマガもやってます!

「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!

http://melma.com/backnumber_200947/

 

和食はベジタブル料理の元祖、やさいたっぷり筑前煮のレシピ

筑前煮

みなさま、こんにちは!

最近、ギルトフリーという言葉をよく聞きます。

「罪悪感なし」

ということなんですね。

全ての食べ物は、人が生きていく為に大切なものなのに、
罪悪感を感じるのは申し訳ないですよね。

どんな食べ物も、感謝していただきたいものです。

ベジタブルな料理は、そもそもギルトフリー。

というか、食べることでワクワクして元気もりもりな
ものばかり。

そんな料理を、今日もまた作りたいと思います。

さて、本日のベジタブルなレシピは、野菜がたっぷり
食べられる筑前煮です。

【材料】
長ネギ   白いところを1本(小口切り)
こんにゃく 1/2個(一口大にちぎる)
大根    100グラムぐらい(小さめのさいの目切り)
人参    1/2本(大根と同じサイズに切る)
レンコン  100gぐらい(一口大に切る)
厚揚げ   1枚(一口大に切る)
里芋    大2個(軽く下ゆでして皮をむき一口大に切る)
ごま油   大さじ1
水     200cc
醤油    大さじ2
みりん   大さじ2

【作り方】
●鍋にごま油を入れて中火にかけて熱し、ネギを入れて炒める。

●火を一旦止めて水を入れ、大根、里芋、人参、レンコン、厚揚げの順に重ねるようにして入れる。

●中火にして沸騰させ、3分ほど煮立てたら弱火にして具材全体に火を通す。

●具材が柔らかくなったら醤油とみりんを入れて全体を混ぜ合わせ、弱火でじっくりと煮込んで味をしみ込ませる。

●油に香りが移ったらこんにゃくを入れて炒め、こんにゃくの臭みをとる。

レシピのメルマガもやってます!
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!
http://melma.com/backnumber_200947/

ベジタリアンの肉豆腐、大豆ミートの肉豆腐、ご飯にかけても美味しい

大豆ミートの肉豆腐

本日の料理は「カボチャ入り、大豆ミートの肉豆腐」のレシピです。
すき焼き風にいただいてもよいですし、ご飯にかけて牛丼風に食べてもおいしいですよ。

カボチャ肉豆腐

【材料(4人分)】
タマネギ  1/2個(回し切り)
カボチャ  1/4個(一口大に切る)
木綿豆腐  1/2丁(一口大に切る)
水     400cc
大豆ミート 40g
ごま油   大さじ1

【調味料】
しょうゆ 大さじ2
塩麹   大さじ1から2
甘酒   大さじ2から3
牛丼風にかけていただくときは薄めに、煮込み風にいただくときは濃いめに。

【作り方】
●鍋に大豆ミートを入れ、かぶるくらいの水を入れて中火にかけて沸騰させ10分ほど湯がいたら、水洗いをし、キッチンペーパーで水気を切る。

●鍋にごま油を入れ、タマネギを加えて中火にかけ、タマネギの色が変わるまでじっくり炒める。

●水を加え、カボチャ、豆腐を入れ、カボチャが柔らかくなるまで煮る。

●大豆ミートを加え、調味料を入れて、しばらく煮込み、火を止めて味をしみ込ませる。
本日のレシピはいかがでしたでしょうか。

それでは、今日も、ヘルシーにまいりましょう!

 

レシピのメルマガもやってます!
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!
http://melma.com/backnumber_200947/

ベジタリアンな冬の煮物「白菜とうすあげの煮浸し」のレシピ

白菜とうすあげの煮浸し

秋も深まってくると、白菜が美味しくなる季節ですね。
白菜料理は、いろいろありますが、さっと煮ることで
スピーディーにできる煮浸しは、簡単でおいしい白菜
料理の定番です。
薄揚げを入れることで、旨味を加えることとともに、
タンパク質も摂れて一挙両得です。

【材料】

白菜   3枚(一口大のざく切り)
うすあげ 大1枚(1cm×3cmの短冊切り)
水    200cc

【調味料】

しょうゆ 小さじ1
みりん  大さじ1.5
塩麹   小さじ2

【作り方】

●白菜、うすあげの順番に鍋にいれ、水100ccを加えて蒸し煮する。

●白菜に火が通ったらさらに水100ccを入れて加熱し、水が沸騰したら調味料を入れて5分ほど煮込み、火を止めて味をしみこませる。

レシピのメルマガもやってます!
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!
http://melma.com/backnumber_200947/

ベジタリアンなクラムチャウダーは厚揚げとキノコを使って「キノコチャウダー」

厚揚げときのこのチャウダー

ちょっと肌寒くなってきたこの季節、クラムチャウダーだって、厚揚げを使えば立派なベジタブル料理になるんです。

今日のメニューは、厚揚げとキノコの豆乳チャウダーです。

【レシピ】キノコと厚揚げのチャウダー

【材料(2人分)】
タマネギ    1/2個
ピーマン    1個
カボチャ    100g
ニンジン    50g
しいたけ    2個
シメジ     60g
厚揚げ     2個
オリーブオイル 大さじ1
水       600cc
豆乳      100cc
タピオカ粉   大さじ1

※材料はすべて5mm角程度のさいの目切りにする。

【調味料】
塩麹      大さじ3
塩、胡椒    適量

【作り方】

●鍋にオリーブオイルを入れ、タマネギを入れて火にかけて、じっくりと炒める。

●キノコ類も加えて炒める。

●いったん火を止めて、ピーマン、カボチャ、ニンジン、厚揚げの順に重ねて入れ
、水100ccを加えて中火にして煮込む。

●具材に火が通ったら、残りの水を入れて軽く沸騰するまで中火で煮込む。

●調味料を入れて味を調える。

●食べる直前に細火にして、タピオカ粉を溶いた豆乳をゆっくりと入れてとろみを
つけてできあがり。

 

レシピのメルマガもやってます!
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!
http://melma.com/backnumber_200947/

ベジタリアンな酢豚は見た目も味も本格派!

大豆ミートの酢豚風

大豆ミートって食感や見た目はお肉!って感じですが、ちょっと乾物の風味があるよな、とか、味はやっぱり肉じゃないよな、とか言われることもあります。
でも、この酢豚なら、そんなお肉好きの人でも満足できるクオリティになりますよ。

【レシピ】ベジタリアンの酢豚

材料
ニンジン  100g:一口大の乱切り
タマネギ  100g;1cm幅の回し切り
ごぼう   50g;小さめの乱切り
ピーマン  2個:一口大の乱切り
大豆ミート 30g;茹でて水洗いしてしっかり水を切る
ごま油   大さじ1
菜種油   大さじ3

タピオカ粉 適量(片栗粉でもよい)

調味料(大豆ミート用)
しょうゆ  大さじ1
菜種油   小さじ1
ショウガ  すり下ろし小さじ1
※しっかり混ぜておく。

調味料(酢豚用)
しょうゆ  大さじ2
酢     小さじ1
みりん   大さじ2
水     100cc
ショウガ  すり下ろし小さじ1
※しっかり混ぜておく。

タピオカ粉 適量を水に溶いておく(片栗粉でもよい)

【作り方】
●大豆ミートに混ぜた調味料を揉み込む。

●ニンジン、ごぼうは5分ほど蒸しておく。

●中華鍋に菜種油を入れて中火にかける。

●油が温まったら、大豆ミートに片栗粉をまぶして焼くように揚げる。

●揚げた大豆ミートをいったん皿に出し、鍋の油をキッチンペーパーで拭き取る。

●鍋にごま油を入れてタマネギを入れて中火にかけ、少し色が変わるまで火を通す。

●ピーマン、ゴボウ、ニンジンを順次入れて炒める。

●大豆ミートを加えて熱を通す。

●調味料(酢豚用)を加えてしっかりと温める。

●様子を見ながら水溶きタピオカ粉を加えてとろみを付けて完成。

レシピのメルマガもやってます!
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!
http://melma.com/backnumber_200947/

ベジタリアンな和食の定番、里芋の煮っころがし

里芋の煮っころがし

秋になると里芋が恋しくなります。
里芋、いろんな料理に変身してくれますが、
いちばんシンプルで美味しいのは煮っころがしでしょう!
一日目よりも二日目の方が味が沁みてよりおいしいので、
二日分作るのもよいでしょう。

里芋の煮っころがし

【材料(二人分)】
里芋 大4個

【調味料】
水     300cc
しょうゆ  大さじ1
みりん   大さじ2
塩麹    小さじ2
粉山椒   適量
ミカンの皮 適量

【作り方】
●鍋に里芋を入れ、かぶるくらいの水
(分量外)を入れて中火にかけて沸騰させ
転がしながら10分ほど下ゆでする。

●里芋を鍋から出して冷まし、皮をむく。

●皮をむいた里芋を鍋に入れ、分量の水を
入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、
調味料を入れる。

●一煮立ちさせたら、弱火にして5分ほど
煮てから火を止める。

●冷めていく間に味がしみ込むので、5分ほど
したら再び火を入れて温度をあげ、里芋を
転がしながら煮て、火を止める。

●じっくりと味をしみ込ませてできあがり。

 

レシピのメルマガもやってます!
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!
http://melma.com/backnumber_200947/

ベジタリアンなマヨネーズ、ヘルシーなのに濃厚で大満足の豆乳マヨネーズ

豆乳マヨネーズのポテトサラダ

マヨネーズ、大好きなんです。
野菜サラダにマヨネーズをつけて食べるとほんとに美味しい。
エビフライとか、フィッシュフライにも合いますよね。
でも、妻は卵アレルギーなので、二人で一緒にマヨネーズを
楽しみたい時には、二人が満足できる豆乳マヨネーズを
作っています。
写真は、豆乳マヨネーズで和えたポテトサラダです。

分量や副材料を工夫すると、さらに楽しい自家製の
マヨネーズ。
ブレンダーがあるとすごく簡単に作れるので、ぜひお試しください。

「豆乳マヨネーズの作り方」

【材料(一週間分)】
豆乳  75g(よく冷やしておくこと)
甜菜糖 6g
塩   4g
菜種油 100g
酢   15g

【作り方】

●豆乳、甜菜糖、塩を深めの容器に入れてブレンダーでよく混ぜる。

●菜種油を加えて、さらにブレンダーで均一に撹拌する。
この状態でとろみがつきます。
豆乳が冷えていないとうまくとろみがつきません。

●酢をいれて、さらにブレンダーでよく混ぜる。

●冷蔵庫に入れてよく冷やす。
すぐに使えますが、冷蔵庫で冷やすとよりしっかりとした
かたさになります。

 

レシピのメルマガもやってます!
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」

購読はこちらからどうぞ!
http://melma.com/backnumber_200947/

ベジタリアンの卵料理「絹豆腐のスクランブルエッグ風」

僕は卵が大好きでした。
今でもたまに食べるのですが、この頃、卵が
とても生臭く感じるのです。
大好物のカスタードプリンでさえ、ちょっと

「うっ」
となる時があるようになってきました。

もう、そろそろ卵も卒業する時期、ということ
なんでしょうかねえ。

さて、それでは、卵に代わるものが作れない
かな、と考えたレシピがこの

絹豆腐のスクランブルエッグ風

です。

絹豆腐を使うことで柔らかな食感を、
カボチャを入れることで少し固まった黄身の
雰囲気を、
ターメリックを入れることで鮮やかな黄色を
表現できました。

これなら、臭みもなく、濃厚なスクランブル
エッグがいただけます。

■絹豆腐のスクランブルエッグ風

<材料>
絹豆腐    1丁(水切りしておく)
煮たカボチャ 2個(皮を取る)
塩      少々
豆乳     100cc
タピオカ粉  小さじ2
ターメリック 少々
菜種油    小さじ2

●フライパンに菜種油を入れて熱し、
絹豆腐を入れて崩しながら炒める。

●豆腐がある程度崩れたら、カボチャを
入れてつぶすようにして混ぜ、水分が飛ぶ
まで中火で炒りつける。

●途中、塩を振り入れて薄く味をつける。

●ある程度、ぽろぽろになったら、弱火に
してタピオカ粉を混ぜた豆乳を入れてとろみ
をつける。

レシピのメルマガ、やってます。
よかったらご登録ください。
「カフェ天使の時間のベジタブルなレシピ」
http://melma.com/backnumber_200947/ (メルマ!)